医療福祉・在宅看取りの地域創造会議 みまもりみとりちゃん 滋賀で行う在宅療養

医療福祉・在宅看取り啓発キャラクター みとりちゃん © HIROMI.W|医療福祉・在宅看取りの地域創造会議
HOME > 医療福祉・在宅看取りことば辞典 > 脳血管性認知症

医療福祉・在宅看取りことば辞典

脳血管性認知症(のうけっかんせいにんちしょう)

脳の血液の流れが悪くなり、脳の一部が死んでしまうためにおこる認知症です。
手足がしびれたりうまく動かせなくなるなどの症状が現れることもあります。
また、小さなきっかけで泣き出したり、怒り出したりなど、感情のコントロールがきかなくなることがあります。
壊れた脳の場所によって現れる症状は変わります。

用語一覧へ戻る

ページトップへ